福岡県筑紫野市の注文住宅会社 悠建築工房

tel.092-919-8385

092-919-8385

資料請求

営業時間/9:00 ~18:00

HOME リノベーション だざいふの家
リノベーション写真

戸建リノベーション

だざいふの家

種別
戸建リノベーション
面積
278.91㎡
間取り
7室+納戸+店舗
工期
2ヶ月

太宰府天満宮の参道沿い、歴史的風致形成建造物の保全修理工事です。

太宰府の歴史的建築物の特徴的な商家建築と外観上類似しながらも、内部に吹き抜けを持つなどの構造的に異なる部分が多くみられるこの建物の、建物意匠を旧状に復することを目的とした修理工事を行いました。

Before

ビフォー写真

外壁板材は横張りで、格子の間隔も広く造られています。

After

アフター写真

外壁板材の張り方向を、太宰府の歴史的建築物の特徴である縦方向に張替え、面格子の間隔を狭く施工しました。

・外壁:既存仕上材の上、杉板(タテ貼り+キシラデコール塗り)
・面格子:既存面格子撤去後、新設面格子取り付け(杉無垢材+キシラデコール塗り)
・化粧戸襖:既存化粧戸襖撤去後、新設

Before

ビフォー写真

天井材撤去後の小屋裏

After

アフター写真

小屋裏は、筋交い・火打ち金物等で補強


Before

ビフォー写真

経年美化とも呼べるあめ色に変化した天井板

After

アフター写真

既存の天井材を撤去後し、真新しい杉板を張りました

スタッフコメント

当該建築物は大正11年(1922年)建築で、妻入りで入母屋瓦葺き二階建ての建物であり、かつては「川口屋」の屋号にて醤油醸造業を営んでいましたが、現在は表を貸店舗に奥を住宅として使用されています。

縦張りの杉板と、細かい間隔で並べられた格子のおかげで、スッキリとした外観に仕上がりました。
天井裏内部の見えなくなる部分も、筋交いや金物を用い建物の強度を高めました。

見えるところは昔風に、見えないところは今風に・・・
歴史あるものに少しずつ手を加えながら、長きに亘り受け継がれていく建築物が、歴史の町ここ太宰府のあちらこちらに増えていったならば、素敵ですね。

悠建築工房のリノベーション

  • かやぶきの家リノベーション事例
  • リフォーム事例
    (ビフォー・アフター)

Facebook

Instagram

TOPへ戻る